• ホーム
  • アフターピルは病院の処方と通販ではどちらが安い?

アフターピルは病院の処方と通販ではどちらが安い?

日本では医薬品を入手する場合、病院を受診して医師の処方箋をもらう必要があります。
医師から処方してもらう方法の他に、インターネットでの通販も購入可能です。
もしアフターピルが欲しいという場合、病院で処方してもらうのと、インターネット通販の利用とではどちらが安い価格で手に入るのでしょうか。

結論から言うと、アフターピルはインターネット通販の方が、より安い価格で購入する事ができます。
病院での処方で入手する場合、初診料や受診料、処方料といった金額が加算されてしまいます。
同じアフターピルでもこれらの費用が積み重なる事によって、インターネット通販で商品の代金と送料のみの負担と比べると、どうしても病院で購入する方が高くなりがちです。

また、ジェネリック医薬品を多く取扱っているのも、インターネット通販の強みです。
日本は医薬品の認可がなかなか下りない国と言われています。
慎重に審査を行うので、新しいジェネリック医薬品は認可が下りにくいという事情があるようです。
日本国内の病院では、国に認可されていない医薬品は処方していないため、アフターピルのジェネリック医薬品を手に入れられないケースが多い傾向にあります。

一方、インターネット通販であれば、海外のジェネリック医薬品も問題なく買う事ができます。
先発医薬品よりもジェネリック医薬品の方が価格は安いので、当然ながらその費用を抑えられます。
ジェネリック医薬品の避妊薬だからといって、避妊の効果が落ちるという事はありません。
先発医薬品と同じ有効成分が含まれているので、安心して服用できます。

さらに価格の面だけでなく、顔を見られずにアフターピルを入手できるという点は、インターネット通販の魅力です。
女性の中には病院でアフターピルを処方してもらう事に、抵抗感や恥ずかしさを感じる方もいます。
このような方にとっても、顔を誰にも見られる事なく購入できるインターネット通販は利用しやすいでしょう。

健康保険対象外の為、病院では1万円を超えることも!

アフターピルは万が一避妊に失敗した際に、後からでも望まない妊娠を避ける事が可能な避妊薬です。
そのため失敗に備えて、常備しておく事が理想的だったりします。
ですがアフターピルの備えがないままに避妊に失敗した場合は、インターネット通販を利用しての購入ではなく当事者の女性が病院に行き処方して貰わなければなりません。

というのも残念ながらアフターピルで避妊の効果を得るには、72時間以内に服用する必要があります。
国内ではジェネリック医薬品も含め、アフターピルを市販する事は許可されていません。
お陰で市販が許可されている海外の通販サイトから、個人輸入するという方法しか選択肢がないです。
海外から個人輸入という方法だと、性行為が終了してから72時間以内にアフターピルを手に入れて服用する事はほぼ不可能だったりします。
なので病院に行き、手に入れるしか選択はないです。

病院に行き処方して貰うとなると、女性にとって気恥ずかしい思いをするだけではありません。
保険対象外である上に、診察料等も必要になるため価格が高くなります。
それこそ1万円を超える金額を請求される恐れもあるので、注意が必要です。
病院でアフターピルを手に入れるとなると、この様に割高になるので厄介だったりします。

その点、海外では市販が許可されている上に価格が安いジェネリック医薬品も多く出回っているので安い価格で購入可能です。
だからこそ慌てて病院に頼って1万円以上支払う様な事態にならない様に、女性は前もって個人輸入という方法でアフターピルを手に入れておく事をおすすめします。
この方法を使えば安く購入出来て、お得なだけではありません。
万が一避妊に失敗した際も、早めにアフターピルを服用出来るので避妊薬としての高い効果を得る事が出来ます。

関連記事