• ホーム
  • コンドームとアフターピルどちらで避妊すべき?

コンドームとアフターピルどちらで避妊すべき?

避妊具として知られるコンドームとアフターピル、どちらで避妊をするのがいいのでしょうか。
避妊が目的であればアフターピルです。行為後72時間以内に服用することで、望まれない妊娠をかなりの確率で防ぐことができます。
ただ、かなりの確率とはいっても100パーセントではないので、妊娠したくないなら普段から低用量ピルを服用すべきです。

一方のコンドームはもともと性病など感染症を防ぐ目的で開発されたものです。
その構造上たまたま妊娠しにくいというだけでもともとの目的が避妊ではないのが注意点です。
またあまりに粗悪品を用いると穴が開いていたり、最中に穴が開いたりなどの危険性もあるので注意しましょう。

アフターピルは行為後に避妊できるすぐれた薬ですが、その分副作用もそれなりにあります。
アフターピルは行為後に服用すると無理やり内膜をはがして出血させ妊娠を防ぐという効果があるためです。
そのために女性ホルモンのバランスを乱す成分が含まれています。
服用のタイミングによっては1か月に2回も出血をすることがあると言われています。
これは薬の影響で当然ですが、女性の体にストレスがないと言えば嘘になります。

こういったことからコンドームとアフターピルのどちらで避妊すべきと言えば、避妊に限ってはアフターピルと言えるのです。
ただ、繰り返しますがアフターピルの避妊の確率は100パーセントではないですし、身体にかなりのストレスがかかるので日常的に服用するのは避けるべきです。

日常的に服用したいなら低用量ピルがおすすめです。
毎日決まったタイミングで服用を続けることで、ほぼほぼ妊娠を防げますし、そもそも女性ホルモンが原因の病気の治療薬として開発されたため、思い生理痛やPMSのつらい症状の改善にもかなり効果があります。

低用量ピルを飲み続けるといざ妊娠を希望する時に大丈夫なのか心配になりますが、服用をやめれば妊娠は可能です。
やめてから3か月がかなり妊娠の確率も高まるとも言われているほどです。

性病も勘案し、基本的にはコンドームで避妊を

低用量ピルを服用していればかなり高い確率で避妊することができます。
低用量ピルを服用していれば性行為の前にすでに避妊の準備が完了した状態となっています。

そのため、女性主導で避妊を行うことができるので安心です。
しかも、正しく服用していればコンドームを着用するよりも高い確率で避妊に成功します。
単純に妊娠の確率を下げるという観点から考えれば、コンドームよりもピルの方が優れていると考えることができます。

また、アフターピルを服用すれば低用量ピルと同じように妊娠を防ぐ効果があります。
ただし、副作用が強く出てしまう可能性があるため注意が必要です。
アフターピルは常用するものではないため、あくまでも望まない妊娠を防ぐための緊急避妊薬であることをきちんと認識しておく必要があります。
身体にかなりの負担をかけることになるため注意が必要です。

ピルを服用しているだけでは性病まで防ぐことはできません。
それに加えて、低用量ピルは毎日同じような時間帯に服用を続けなければ避妊効果を得ることができません。
個人差はありますが、低用量ピルやアフターピルを服用すると副作用が出る場合もあります。
ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンが含まれていますが、性病を防ぐための成分については一切含まれていません。

性病は主にウイルスなどとの接触感染が原因となります。
そのため、ピルを服用するだけでは性病まで予防することはできないのです。
性病を防ぐための一般的な手段としてはコンドームが最も効果的な手段となります。
そのため、低用量ピルだけで避妊を行うのではなく、性病も勘案して基本的にはコンドームでの避妊が最も効果的であると考えられます。

関連記事