• ホーム
  • ポスティノールで予期せぬ妊娠を未然に回避

ポスティノールで予期せぬ妊娠を未然に回避

ポスティノールとは、緊急避妊薬(アフターピル)です。
適切な避妊をしなかった、コンドームが破けてしまったなどの何らかの事情により望まぬ妊娠をしてしまった女性は多くいます。
そんな時に役立つのはアフターピルです。

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、受精卵の着床を防ぐための中用量のピル(女性用ホルモン剤)です。
コンドームによる避妊の結果、2割は失敗していると言われています。
避妊に失敗した時、ポスティノールは、行為後72時間以内に服用する事で妊娠を未然に予防することが可能です。

主成分のレボノルゲストレルです。排卵の周期を遅らせ、精子が受精しないようにする効果があります。
強制的に排卵周期を遅らせる事で、着床を防ぎます。
行為後、すぐにピルを飲むことで、95%の避妊効果があると言われており、服用のタイミングが早いほど高い効果を得られます。
一番は24時間以内に服用することが望まれています。

ポスティノールは副作用も少なく、緊急用として常備している女性もたくさんいます。
しかし緊急避妊薬自体、吐き気や生理不順など副作用も強めの薬です。
ポスティノールで報告されている副作用は吐き気・嘔吐・めまい・食欲不振などです。

しかし、望まぬ妊娠や中絶は女性にとっては辛く悲しいものです。
相手がパートナーとは限りません。性犯罪の被害者となり、思いもよらず避妊しない性交をしてしまう事もあります。
次の生理がちゃんと来るのか、不安な日々を過ごさなくてはいけません。
緊急避妊薬(アフターピル)は、そんな不安な気持ちの助けになります。

女性だけでなく、男性もアフターピルについて知っておく必要があります。男性としては、性行為で快感を得たいと考えると思います。
避妊具無しで行うこともあるかもしれません。そんな時、緊急避妊薬で大切な女性を守ることができます。
予期せぬ妊娠で、パートナーに辛い思いをさせないためにも、未然に回避できる緊急避妊薬の存在は知っておくべきです。

2回目も服用しないと避妊の成功率が下がるので注意!

アフターピルの一つであるポスティノールは、主成分であるレボノルゲストレルの働きによって性行為で避妊に失敗した場合でも安心な避妊効果が得られます。
望まない妊娠を未然に防げる緊急避妊薬として需要が拡大していますが、正しく服用しないと避妊の成功率が低下してしまうので注意が必要です。

ポスティノールの避妊効果を最大限発揮するためには2回目まできちんと服用することがカギとなります。そのために注視したいのが副作用の存在です。
ポスティノールの2回目は1回目に服用してから12時間経過した時に服用します。
この時副作用で吐き気を感じていると、飲んだ後レボノルゲストレルが体内に吸収される前に嘔吐してしまうケースがあるため、その場合に注意していないと危険です。

1度だけの服用でもある程度の避妊率を期待することはできますが、やはり確実性を重視したいのであれば2回とも正しく飲むことが大前提です。
アフターピルの見直しは自己判断で行うのが難しいので、その場合は医師の判断を仰ぎながらの見直しをするのも良いでしょう。
2度の服用が必要なタイプのアフターピルは1度目は焦ってすぐに飲むものの、それで安心していると2度目のことをすっかり忘れてしまうことがあると思います。
メモを残しておくかスマホのアラームアプリを活用するなどして飲み忘れないようにする努力が必要です。

緊急避妊薬として性行為の失敗を帳消しにするには正しい飲み方をきちんと理解しておくことが大前提なので、妊娠の可能性を避けるためにピルの使い方をマスターしておきましょう。
レボノルゲストレルの入ったピルは副作用が出やすいので服用をためらってしまうケースも多いですが、緊急避妊薬として失敗を帳消しにしたい時に頼りになる存在です。

関連記事