• ホーム
  • 経口避妊薬を飲み忘れた!そんな時は「シー72」で避妊しよう

経口避妊薬を飲み忘れた!そんな時は「シー72」で避妊しよう

妊娠を望んでいない女性は、セックスの際に男性にコンドームによる避妊を求める事が多いです。
ですがパートナーの男性がうっかりコンドームを装着する事を忘れる、装着したにも関わらず破れてしまう事があります。
或いは女性自身が経口避妊薬を飲み忘れて、避妊に失敗してしまうケースも珍しくありません。
そういった形で妊娠のピンチが生じた場合には、緊急避妊薬を服用する事で望まない妊娠を回避する事が可能です。

緊急避妊薬であれば、妊娠回避策が失敗した後でも服用する事で高い確率で妊娠を避ける事が出来ます。
妊娠を望んでいない女性は、万が一の失敗に備えて緊急避妊薬を用意しておく事がおすすめです。
というのもこの手の薬は早く服用すればするだけ、高い効果を得る事が出来るので前もって準備しておく事が望ましいです。

そんな緊急避妊薬の中でおすすめ出来るのが、シー72です。
おすすめする理由は、比較的安い価格で購入可能であるためです。
シー72は他の緊急避妊薬と同様にレボノルゲストレルが主成分である上に、ノルレボのジェネリック医薬品として販売中です。
ノルレボとほぼ成分が同じな上に、得られる効果も同等ですが後発のジェネリック医薬品であるだけに安く購入する事が出来ます。

シー72は名前で示す様に、72時間以内に服用する事で妊娠を回避する効果を得る事が出来ます。
72時間を過ぎてしまうと、望む様な結果を得る事が出来なくなるので、万が一の場合に備えて常備しておくことをおすすめします。
特にシー72を購入するとなると、海外のサイトから個人輸入する事になるので避妊に失敗してから購入しようとしても間に合いません。

更にシー72の様な緊急避妊薬はやや強引に妊娠を回避させるため、低用量でも身体に負担が掛かるケースもあります。
副作用として吐き気や頭痛、腹痛といった症状が生じる恐れもあるので注意が必要です。
ただしこういった副作用は1日から2日で消える一時的なものであるので、症状が長引かない限りは心配はいりません。

受精してしまった場合でも、子宮内膜の増加を抑える

シー72(She72)はアフターピルとも言われ緊急避妊薬ですが、ノルレボのジェネリックです。
主成分はレボノルゲストレルですが、これは黄体ホルモンの働きをしています。
妊娠には女性ホルモンが密接に関係しており、女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが存在しています。
卵胞ホルモンは排卵を抑制する作用があり、排卵を起こす前にこのホルモンを投与すると排卵が起こりにくくなってくるのです。

シー72は性交渉後72時間以内に、なるべく早く、水と一緒に、できるだけ食後に服用することが求められます。
その避妊効果は80パーセント以上と言われていますが完全に妊娠を阻止できるわけではありません。
妊娠するためには排卵、受精、受精卵の着床という3つの段階があり、シー72はそれぞれの段階において作用します。

卵管で受精が成立し、受精卵が子宮に到達するまでには6日かかると言われているので、シー72の服用は120時間までは効果が期待できます。
受精すると受精卵が着床する部分の子宮内膜が厚くなり着床の態勢を整えるのですが、シー72を服用することでその子宮内膜が厚くなり環境を整えることを抑制するのです。
72時間に比べて効果は劣り、妊娠の阻止率は63パーセントと言われていますが、効果がないわけではありません。
アフターピルは女性のホルモンバランスを大きく崩すことになるので、ほとんどの人に副作用が出現します。

まず、問題となるのは嘔吐です。服用後2時間以内に嘔吐すると効果が期待できません。
吐き気がしてもなるべく嘔吐しないように我慢することも大切です。
その他下痢、不正性器出血、頭痛、めまい。疲労感などがあらわれることがあります。

避妊には低用量のピルやコンドームが不可欠ですが、低用量ピルは飲み忘れると2週間は効果がなくなるので注意が必要です。
またアフターピルを繰り返し使用することは血栓のリスクを高めるので安易に使用しないことが大切です。

関連記事